製品コンセプト

  • HOME
  • > 製品コンセプト

フロントシステム開発のパイオニアとしての経験に基づき、『システム構築の進め方』に於いて、
『業務デザイン』、『パターンメイド』という独自の手法をご提供しています。

パターンメイドという発想 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 業務デザインという存在

業務デザインという存在

情報システム部門やパッケージ屋さんは、システム化の相談をすると、すぐに『どんな機能が必要ですか?』と機能の話になってしまうんです。

ビジネスネットは、『業務が主役』という考え方を大切にしています。
まずは、しっかり新しい業務をデザインすること。システムの機能は、『業務が決まれば必然的に決まる』と考えているからです。
そのために、お客様と同じ言葉で話せる専門家(業務デザイナー)を用意しました。

業務デザイナーって何をしてくれるの?

新しい業務の流れを考えてみたけど・・・。「そもそも何を決めたら良いのか?」「どこまで決めれば決めきったことになるのか?」という抜け・漏れの不安。

「思いついた案が自社に合っているのか?」「他社ではどうやっているのか?」という“BESTな案”なのか という不安。何かリスクがないかという不安。

こんなことに不安を感じて、検討がなかなか進まないんですよね。

ビジネスネットは、『多数の事例・実績に基づいた知恵』を頂いており、『業務運用の相談相手』になれるように心がけています。

具体的には・・・

1)お客様に合わせてナビゲートします。

お客さまの想いと今の状況をまず教えてください。
その想いに合わせ、今までの経験から、検討の事前に『項目一覧』と『検討の順番・日時等』を提示します。

2)お客様は、『選択』をしてください。

お客様から「こんな業務にしたい」というご要望を頂けば、
1. 少しの業務知識
2. 過去の経験・事例
3. メリット/デメリットやそのリスク
から、お客様の立場に立ってご提案をします。

パターンメイドという発想

人にも個性があるように、会社にも個性ってあるんです。
そんな個性を活かして、システム化をしたいんです。

ビジネスネットは、『会社の文化』を大切にしています。
パッケージを自社に最適な業務に適用しようとすると、カスタマイズが多く、メンテナンスが大変なんです。
そのために、柔軟な開発手法(パターンメイド)に行き着きました。

パターンメイドってどんな作り方?

パッケージではなく、『自社にあった』システムの実現って想像がつかないんですが…。

ビジネスネットは、数多くの開発を行ってきた実績を基に、『同一業務要件』に対して『複数のシステム機能』を用意しています。その中から、『必要なモジュールのみ』を組合わせてご提供するため、無駄がなく、シンプルで高性能なシステムが実現します。

システム構築を家の建築に例えると・・・

具体的には・・・

1)『人事の想い』を伝える

『自社の特性に合ったシステム』を求めて、画面遷移、画面項目の表示の並び、文字の色や大きさ、メッセージ、ボタンの位置…。そんな細々とした事の積み重ねがとても重要と考えています。

2)『パッケージの制限です』と言わない

時代に合わせて、お客様毎に大きく制度が変更していると思います。
そんな時に、新しいモジュールに変更するだけで、直ぐに新しい業務に対応できます。

『業務デザイン』+『パターンメイド』=

PAGE TOP